気候は夏で、暦は秋。9月からのおしゃれは…

 

8月も明日で終わりですね。

まだまだ、気温は高く、
秋の気配はいずこへ!?という感じですが、

それでも確実に、
秋へ秋へと、ひとつずつ、
移り変わっているのでしょうね。

**********************

これだけ暑いと、
秋のおしゃれにまで、

なかなか気持ちが向かないと思いますが、
明後日から9月、となると、

真夏のおしゃれではちょっと…と、
そのようにも思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かといって、今すぐ秋の洋服を着るのは、
実際の気温、気候との調和が図れない…。

こうした、気候は夏だけれども、
暦の上では秋、というこの時期。

簡単に、季節感チェンジ。
9月からすぐにできることがあります。

おススメの方法、それは、
「小物アイテムを秋仕様にすること」です。

バッグ、靴、アクセサリー。

これらを「秋仕様」にすることです。

サンダル、ミュールを、
スウェード素材のパンプスに変える…

カゴバッグを布や皮、厚手の素材に変える…

アクセサリーならば、
透明や白、水色、シルバーなどの色味、
プラスチックやアクリルなどの素材を、

ベージュ、黄土色、深緑、ワインレッド、こげ茶、
木やスウェードの素材に変える、
シルバー、ゴールドでもマットな感じのものにする…など。

洋服はそのままで、
小物アイテムを秋仕様に。

それだけで、十分、
気候は夏だけれど、暦は秋、という
この時期に、安心と調和が生まれます。

ファッション通販サイトをのぞけば、
そこはもう秋の世界が広がっていますので、

こうした小物アイテムを
チェックしてみてもいいかな、と思います。

 

**********************

 

では、ここで、実際に画像でみていきたいと思います。

本日(8/30)の私のスタイルはコチラです。

茶のニットに白のデニム地ワイドパンツ。
足元はグレージュのサンダルです。

今日は近所にお買いもの、
子どもたちの塾やレッスンの送迎など、
普段着モードの1日でした。

 

これを明後日、9月から、
足元をスウェード素材のパンプスに、
ピアスを、秋を感じる素材や色味のものに替えます。

 

いかがでしょうか?

あまり、変わりないでしょうかね(笑)

 

**********************

 

並べてみます。

  

 

まず、足元を「秋仕様」に替えていきましょう。

 

**********************

 

次に「秋仕様」のアクセサリーをご紹介します。

その前に、「夏仕様」がどのようなものか、
いくつかあげますね。

私がこの夏、身に着けていたピアスたち。

イメージしやすい、
わかりやすいものたちを一部、ご紹介します。

 

 

見ていただくとわかると思いますが、
透明感を感じるもの、

また水色や青、ターコイズブルーなど、
夏の空や海を感じさせるような、
爽やかな色味のもの、

素材はアクリルや天然石、
プラスチックなどのものが多いです。

今日は上から2番目、
ターコイズブルーとべっ甲を組み合わせたピアスをつけておりました。

 

**********************

 

これらのピアスを、9月からは、
「秋」を感じさせるような色味や素材のものに
替えていこうと思っています。

 

たとえばこちらは、ウッドとシェルという、
自然素材を組み合わせたピアスです。

 

こちらもウッド素材のピアス。
マットゴールドのパーツとの組み合わせですね。

ゴールドも太陽の光を浴びて、
キラキラ光るようなものではなく、

落ち着いた質感のものに替えると、
印象が変わってきます。

 

 

こちらもマットゴールドのピアスになります。
ブロンズに近い色味、
キャッチの部分がフリンジになっているものです。

 

 

こちらはカットビーズとシェル素材、
スモーキークォーツのような色味のピアスです。

 

「夏仕様」のピアスたちに比べて、
色味や素材がダークな感じに変わったこと、
見た目からもわかりやすいと思います。

 

また、こちらは「official shop」にて、
販売しておりますビジューピアスですが、

どちらの色味もおススメです。

 

オレンジは清、萌の方に、
グレーは凛、艶の方におススメします。

(※オフィシャルショップは コチラ から)

 

**********************

 

9月上旬は、まだまだ気温が高く、
例年を見通しても、夏日のような日も多くあります。

おしゃれは先取り。
おしゃれはガマン。

そのような言葉を見聞きすることもありますし、
実際、それも一理あるのだと思いますが、

モデルでも、ファッションリーダーでもない私たちは、
そこまで、最先端のおしゃれに身を包まなくてもいいし、

ガマンしながら、辛い思いをしながら、
おしゃれをしなくてもいいのではないかな、とも思います。

足元やアクセサリー、バッグなど、
まずは小物アイテムたちを「秋仕様」に。

そして洋服は、
先ほどの茶色のニットのように、

夏素材でありながらも、
色味は秋を感じさせるものなど、

配色に少し、気を配っていければよいのではないでしょうか。

 

**********************

 

たとえば、紺×白は
爽やかな配色になります。

そこを、紺×ベージュにするだけで、
少し温かみを感じる配色となり、
「秋」に近づきます。

 

白をベージュに…

黄色をからし色に…

赤をワインレッドに…

緑を深緑に…等々。

カラーなどでは「こっくりとした色味」などと表現される、
落ち着いた深みのある配色です。

モミジの赤、イチョウの黄、栗の茶、柿のオレンジ…。
まさに秋の色、ですね。

 

気温、気候に合わせながら、
暦にも調和させていきたい9月上旬のおしゃれ。

 

まずは小物アイテムを「秋仕様」に。

そして洋服は、「夏素材で秋の配色」を。

 

この2点をおさえるだけで、
気候と暦との調和が図りやすくなります。

季節の変わり目を迎えるごとに、
着る服がない…
何を着ていいのかわからない…

そのような悩みを感じる方も多いと思いますが、
都度、新しい服を買って解消をする、という方法では、
変わり目ごとに服を買わなくては解消できない、ということにもなり得ます。

 

小物アイテムや配色など、
ちょっとしたポイントを取り入れて、

どのような季節でも、気候でも、
いつでもおしゃれを楽しめるコツ、術を手にしている、

そのような自分でいられることが、
気楽であり、ひとつの幸せなのではないかな、と思っています。

 

9月、秋のはじまり。
次の季節を迎え入れていくこと。

無理なく、心地よく、
楽しんでいきたいですね。

 

 

専属スタイリングの詳細

毎日の服選びがとても楽しくなり、かつ、魅力が発揮されて素敵な自分になる。
ファッションロジック®を身につけて、そんな世界を手に入れませんか?

とび抜けておしゃれじゃなくていい。
普通の洋服の組み合わせだけれど、なぜかいつも素敵。
魅力が引き出され、生き生きと輝いている。
洋服から広がる幸せな毎日をぜひ。