出版経過報告☆原稿が初校を終えて、戻ってきました。

 

 

先日、初校を終えた原稿が戻ってきました。

 

漢字の揃えや、てにをは、

文字統一、等の原稿整理をしていただきました。

 

データで送った原稿が、

紙ベースになり、

 

本文にはすでにデザインも入っていて、

なんだか、もうこれだけで、

静かな感動があり…感激しています。

 

ここから赤字を入れて、

また送り返して、

それをチェックしていただいて…

 

全部で3回のチェックをすると連絡がありました。

 

 

**********************

 

 

タイトルは、二転三転して、

「恐れや悲しみがあっても、人は幸せになれる」

になりました。

 

このタイトルも当初、決まった時は、

恐れや悲しみがあっても、幸せになれないわけではない、

でした。

 

編集長と打ち合わせの中で、

タイトルのつけ方にも、

 

ちょっとしたコツというか、

ポイントになるものがあるというお話で。

 

では、こういうことですかね…って、

話の中で決まったのが、

 

幸せになれないわけではない、

でした。

 

でも、その後、原稿を整える中で、

なれないわけではないって、

 

本当にそう言いたいのかなって、

だんだんと思うようになって。

 

幸せになれるって、

言いたいよなぁと思うようになって。

 

きれいにまとまりすぎる言葉は、

タイトルとしては弱い、という、

 

そのような話からの、

なれないわけではない、でしたが、

 

後悔なく…と思ったら、

幸せになれる、と言いたいなと思って。

 

幸せになれる、に変更したいのですが、と

原稿を送るときに一緒に伝えて。

 

ダメならダメでいいやって、

そう思っていたのですが、

 

そこは良いも悪いも、なんにもなく、

幸せになれる、で戻ってきました(笑)

 

何も言ってこない!?

言ってもらえない!?

 

これはよかったのか、わるかったのか、

ある意味、放置!?

いやいや、好きなように、これいいよ、という信頼!?

なんだか一瞬、モヤッとしたようなものがありましたが、

 

自分の好きなように、

タイトルを変更できたのは、

 

自分にとっては、

気持ちよくエネルギーが通ることなのですから、

うん、いいよねって(笑)

 

 

**********************

 

 

何年もかけて、

ようやく、ここまで。

 

一時期、迷走というか、

自分でもよくわからなくなってしまい、

 

自分にとっては、

無謀なこと、無理なことをしてしまったのかと、

 

気持ちが沈むというか、

落ち込むというか、

 

元気が出ない、

パワーが出ない、

そのような時期もありました。

 

でも、やってみたい。

書きたい。

本にしたい。

 

その思いはずっとあって。

それは諦める気持ちはなくて。

 

本当に少しずつ、少しずつ、

進んできたのだと思います。

 

このような状態の中で、

じっと待っていてくださった、

編集長の小田さんには本当に感謝です。

 

 

**********************

 

 

ば~っと溢れ出るような、

力強いエネルギーがほとばしり、

 

勢いよく書き上げた、

そのような原稿ではなくて。

 

自分が本当に伝えたいこと、

言いたいことって何だろう。

 

私は何を大切にして、

日々、生きているんだろうって、

 

そう向き合いながら、自分自身に向けて、

そして、まだ見ぬ誰かを思って言葉を綴ってきました。

 

みなそれぞれが、

「自分らしい幸せ」を感じて、

日々、生きること。

 

私自身、こうして縁ある人たちと、

その世界で生きていきたいなと、

そのように思っています。

 

タイトルにもした、

恐れや悲しみがあっても…というのは、

 

人生には恐ろしいことや、

悲しいことがあるんだよ、ということではなく。

 

自分らしく生きよう、と、決めると、

いつかの、どこかのタイミングで、

 

自分の中にある、

恐れや悲しみと向き合うタイミングが来るけれども…

という意味を持っています。

 

そうした恐れや悲しみと向き合うからこそ、

自分らしい幸せ、自分らしい生き方に、出会える瞬間がやってくる。

 

自分自身と、ひたすら向き合うという作業。

惜しみなく、何度も、「自分は何者か。」ということを知ること。

そんな思いや願いが、そこにあります。

 

ただこれは、

どのように捉えられるかは、

読者のみなさんのものであるので、

 

私としては、

そのような意味を持っての言葉でありますが、

 

そのように思って下さいね、と、

アピールするものではないとも思っています。

 

みなそれぞれが、

それぞれのタイミングで、

何か受け取って下さったら、嬉しく思います。

 

 

**********************

 

 

原稿を書き終えた時点で、

いったん、何か私の中でも終えたことがあって。

 

そして今、こうして、

姿形が少し、進化して、

また戻ってきた原稿。言葉たち。

 

気持ちも新たに、

また一字一字、一文字一文字、

魂込めて、向き合っていこうと思います。

 

自分の夢が叶う喜びと同時に、

この本が出ることによって、

 

まだ出会うことのない誰かとの縁が、

繋がり、広がっていくことにも、

少し、ワクワクしています。

 

それこそ、自分を表現することに、

恐れはあるし、

 

酷評されて終わり、とか、想像をするだけで、

どよん、と、気持ちが落ち込む感覚がすでにあるけれども(笑)

 

でも、それでも、

一度きりの人生、

やりたいし、やり続けていきたいと思うし。

 

書く、話す、伝える、ということが、

私の中にある「私らしい幸せ」の形の一部であること。

 

ここに幸せを感じられること。

 

そこに情熱を持ち続けること。

これからも大切にしていきたいな、と思うのです。

 

出版が決まりました、とお伝えしてから、

数年またいでの、今、ここです。

 

まだもう少し、

時間がかかると思いますが、

 

また一つ、前進しています、というご報告を、

今日、みなさんにできたこと、嬉しく思います。

 

**********************

 

以前にもどこかで書いたのですが…

 

高校生の頃から漠然と、

いつか本を出したい、と思っていました。

 

何が書けるのか、

まったくもって、わからなかったけれど、

なぜか、本を出したい、本を出す、ということに、

ずっと、思いがあったのです。

 

漠然とした、大それた夢のまた夢のような思いでしたが、

今こうして、夢が目標に、そして予定に、

少しずつ形にもなって、

あともう一息、というところまできました。

 

今まで、自分が願ったこと。

こうなりたいな、と思ったこと。

 

実は、なんだかんだと、叶っている自分がいます。

 

ほとばしるような、熱い情熱で、

絶対に、こうなるんだって、

強い思いで、突き進んできたということではなく…。

 

いつか、いつか、と、

本当に遠い未来、夢のように扱ってきた、自分の思い、願い。

 

本を書く、ということを、

すっかりとどこかに追いやってしまって、

忘れてしまっていたような時期もありました。

 

でも何かの折、タイミングに、

原稿を書く依頼がきたり、お手伝いがあったり。

 

今思えば、本当に、ゆっくりと…。

 

今ここにたどり着くように、

小さな練習を繰り返していたような気もしています。

 

そして、人とのご縁。導き。

自分では、どうすることもできないというか、

自分と相手との、その時々のタイミングがあるからこその、つながり。

 

あのときの、あの人との出会いから、

あれがこうなって、ああなって、こんなふうに繋がって、流れていくなんて…と。

 

人との縁、導き、繋がりには、

自分だけの力で、何かを操作するというか、

そういったこととは無縁の場所で、

なにか導かれているもの、引き寄せられているものがあるなって、感じています。

 

 

**********************

 

ずっと、ずっと、心の中に、あったもの。

時に、忘れてしまうくらいの、

小さな炎、情熱のものであったかもしれないけれども…。

でも、どこかで、いつか必ず、

自分はその世界で生きる、ということに、

どこかで、信頼もしていたような、自分の願い、思い。

 

長い時間と道のりをかけて、

今、ここをこうして歩んでいます。進んでいます。

 

引き続き、また何かの折、タイミングに、

みなさんにご報告できるよう、

一つひとつ、一歩一歩、進んでいけたらと思います(*^_^*)

 

楽しみにお待ちいただけたら、幸いです♪

 

私も、いつか必ず、形となる日が来ることを、

楽しみにしています。

 

 

 

手相数秘術えりんの 毎日をちょっぴりハッピーにするコツ

毎日をちょっぴりハッピーに過ごすコツを月曜日から金曜日まで 毎朝8時、お届けします。

コラムやブログよりもさらに深く、さまざまな気づきが得られるとご好評いただいております。

ご登録時に、自分をもっと好きになる手相編、数秘術編、無料PDFをプレゼント。