私の幸せって!?





書籍のタイトルは、
「恐れや悲しみがあっても、人は幸せになれる」
です。

でもそもそも、「幸せ」ってなんでしょう。

なにがどうであったら、
「幸せ」なのでしょうか。

私が思う「幸せ」と、
あなたが思う「幸せ」は違います。

こうして文章にすると、
本当に、そうだよね、
当たり前のことだよね、とそう思いますが、

日々、生活をしている中では、
どこかで、誰かの思う、願う「幸せ」を、
自分が何とか手にしようと、
変にがんばっていることがあるかもしれません。

また逆に、
本人は幸せだ、と思っているのに、
いや、あなたは問題があるよ、

もっと幸せになれる、
もっとよりよい生き方があるよ、

こうしたほうがいい、
ああしたほうがいいと、

周りが勝手に、
あなたに期待をしたり、
ちょっとダメな人にしたり、
そうしたこともあるかもしれませんね。

あの人は幸せそうに見えるけれども、
本当は何かあるに違いない、とか、

そうした見方も、
なんだか余計なことだと思いますし、

私、幸せです、と、
いちいちアピールしなくてはいけない!?ような幸せも、
なんだかちょっと変じゃない!?なんて、
そのように思うこともあるかな…^^;

またもしかしたら、
うらやましいな、と思うあの人に、
自分が入れ替わってみたら、

思っていたよりも、
大変なことがいろいろとあった、とか、

そのようなことも、
あるかもしれませんよね。

見えない努力、ではないですが、
背負っているものや守っているものなど、

みなそれぞれに、
それぞれのものってあると思います。

私はこうだああだと、
周囲にわかりやすく表現をする人もいれば、

胸の内にしまって、
黙って、黙々と、
あえて自己発信をしない、という人もいます。

それはどちらがいいとか悪いとかではなく、
その人の自己表現です。

何をもって幸せか、というのも、
その人それぞれのものであるということを、
100%信頼をしたら、

自分は、自分の幸せというものを、
しっかりと考え、向き合っていけばいいと思いますし、

他人のことは他人に任せる、というか、
ちょっと冷たい言い方になるかもしれませんが、

幸せでも不幸でも、
それはその人の生き方、自己表現、

他人の幸せや不幸に対して、
自分はとやかくいう必要がないのだ、と思います。

恐れや悲しみがあっても、
人は幸せになれるよ、

こうしよう、ああしよう、って
そのような本を書いておいて、

他人のことは、他人に任せて、
幸せでも不幸でも、
その人らしい生き方を信頼してって、
矛盾していますね…^^;

**********************

自分のことがよりよくわかってきたら、
同じように、相手のこともよりよくわかってくるのだと思うのです。

もっとこうしたらいいのに、なんて、
誰かのことに対して、
ああだこうだと思うのなら、

その前に、もっと自分に気持ちを向けて、
自分の幸せを満喫する、
自分の幸せを味わう、

その方向へと、
心を向けていくことではないか、と
そのようにも思うのです。

私自身も、
家族や友人、仲間、社員、

それぞれに対して、
勝手に期待して、
勝手に失望をしていることがあります。

もっとこうしたら、
よりよく成長できるのではないか、なんて、
勝手に、ああだこうだ、思っています。

そして、ふっと、
あぁ、成長すべきは私だ、と
気づくのですよね(笑)

勝手にその人の生き方、
幸せの形を、
私が決めようと思っているのは、
変なことだ、と。

私は、100%、私の幸せにだけ向き合って、
相手の自己表現をそのまま、

相手がしたいように表現することを、
受け入れていくだけだな、と。

その姿そのものを、信頼し、
どのような姿であっても、

その人の生き方、その人の幸せは、
その人自身が決めることだ、生きることだ、と
そう信頼をしていきたいな、と思います。

と、いいつつ…
つい、おせっかいもしちゃうところもあるのですけれども(笑)

**********************

それぞれの幸せ、といっても、
人はみな、承認欲求があるので、

どこかでは、
「その生き方いいね♪」
「その生き方、素敵ね♪」って、

そう認めてもらいたいし、
「あなたは幸せだね♪」って、
そうした言葉や態度、愛を求めているのだとも思います。

ですから、自分の幸せ、の中には、
自分の中にある承認欲求を、
健康的に満たす、ということも、
含まれているのではないか、とも思っています。

いいの、私の幸せはこれなの、
誰も認めてくれなくても…というのは、

本人もどこかで、
私は幸せなんだ、と、
呪文のように、言い聞かせているのかもしれませんし、

ちょっとすねたり、
本当は認めてほしかったり、
共感してほしかったりすることもあるかもしれませんね。

**********************

幸せの定義って、人それぞれです。

願う状況や環境が揃っていたら幸せか、と言われたら、
人は心の結びつきを求めます。

また理想と現実の差に、
諦めや絶望を感じることも、
ときにあるかもしれません。

誰かの幸せな姿をみて、
いいな~と思ったり、

私もそうなりたい、と思ったり、
それもまた自然な気持ちの表われでしょう。

隣の芝生は青い、ことも、
多分にあるかもしれません。

私は、タイトルにしたように、
本当に、そのまんま、

みなそれぞれに、抱えている、
恐れや悲しみはあるだろうけれども、

けれども、そうした中でも、
ちゃんとそれぞれの幸せを見つけることができる、

その人らしい生き方、
その人らしい幸せの世界で生きていける、

本当に、そのように思っています。

誰かにとっては、
大変に思えるような状況であっても、

その人の、その人らしい力で、
自分の人生を、自分らしい形に仕上げていくこと、

その人にはその力があるのだ、と
そう信頼し続けていきたいな、と思います。

同時に、そうならない生き方であったとしても、
勝手に、その生き方に対して、
こうだああだと思うこと、

私が思うことは、
必要のないことだ、とも思っています。

取り方によっては、
冷たい言葉のように思われるかもしれませんが、

みんな、自分のことは、自分で、
ちゃんと責任をとるんだ、という、
そうした在り方でしょうかね。

勝手にしな、知らないよ、と、
そのようなことではありませんが、

でも一部では、
そのようなことであるのかもしれませんね。

でも私自身のことを思うと、
干渉されるよりも、

義務や制限をかけられるよりも、
勝手に、好きに、生きなさいって、
そう言われる方が、
自分の性に合っているのではないか、とも思います(笑)

みなさんの思う、
「自分の幸せ」ってなんですか?

他人の様子に左右されずに、
じっくりと、自分自身を見つめて。

手にしているもの、
手にできないもの、

それぞれにある中で、
今ここから、何を見て、感じて、
どのように日々を過ごしていくか。

「私の幸せ」を、
一つ一つ、感じて、楽しんで。

それぞれに違うのが当たり前ですし、
共感されないこともあるとは思いますが、

それでも、世界中のどこかには、
きっと、「それいいね♪」
「その生き方素敵ね♪」
「私もそうよ♪」
「私も、わかる♪」

そうした人が、どこかには、
必ず、いるとも思っています。

今目の前に、そうした人がいてくれる人は、
もうひとつ、幸せを手にしていますね(^-^)

私はこの場があることが、
私の幸せ、のひとつです。

みなさんと、こうした形で出会えたこと。
日々、みなさんに発信できること、
表現をできること。

心から、ありがとうって思います(^-^)♪

それでは、今日も素敵な1日を♪

【メッセージ特典付き・恐れや悲しみがあっても、人は幸せになれる】

【メッセージ特典付き・恐れや悲しみがあっても、人は幸せになれる】

書籍代 1,650円 (送料無料)

8月31日発売予定です。
ご入金を確認後、お名前、メッセージを書き、
順次、発送いたします。


※お申込み直後に
ご入金方法をお知らせしたメールをお届けします。

リターンメールが届かない場合、
携帯電話会社のセキュリティにより、
受信が拒否されている可能性があります。

その際はお手数ですが、
info@o-kitagawa.comまでお問い合わせください。