3月の流れ☆あなたの「home」を大切に

 

 

3月になりました。

今月の社会の流れ、過ごし方について、

お伝えしていきますね。

 

3月は「7・休息」の月。

まさに、学校の全国一斉休校が始まったように、

今月は小休止、のタイミング。

 

「休息」という言葉が

キーワードとして示しているように、

ペースを落として、一休みしてというところ。

 

経済的なことを考えれば、

小休止どころではない、という、

大きな打撃、損失を感じることもあるかもしれませんが、

 

そこは「7」のもう一つのエネルギーでもある、

冷静さ、沈着さ、分析力、

 

次の流れに向かっての、

準備や支度を着々としておくことです。

 

今月は一休みをしながらも、

次に向けての一手、準備も着実に。

 

どのような世界に向けて、

準備をしていけばよいのか、と考えれば、

 

自分が今、何を大切にするかが、

自ずと見えてくることでしょう。

 

平和、安心、安全、

心身ともに健康で穏やかな世界。

 

その世界で生きるには、

何ができるのか、やれるのか。

 

冷静に、落ち着いて、

自分と、周囲の人とのバランスを感じることも

大切なことのひとつになるでしょう。

 

 

**********************

 

 

コロナの影響で、

先の見通しが見えづらい今、

 

時折、恐れや不安が増すことが

あるかもしれませんね。

 

けれども、そういうときだからこそ、

自分らしい姿、

その人の本質、というものが、

そこに表れているのではないでしょうか。

 

お子さんがいらっしゃる方々は、

休校という措置に対して、

 

いろいろな対応が必要だと思いますが、

こういうときだからこそ、

 

思い切り、子どもたちとの時間を楽しむ、と、

そう決めてしまってはどうでしょうか。

 

普段、子どもともっとコミュニケーションをとりたい、

子どもとの時間を大切にしたい、

 

そのように思うことがあるのなら、

今月、休校という流れに合わせて、

 

しっかりと向き合う、と、

その方向へと気持ちを向けて。

 

実際はいろいろと対応することがあると思いますが、

気持ちはまず、その方向へ、と決める。

 

また、落ち着いて考えれば、

状況は違うにしても、

 

春休み、夏休み、

ある程度のまとまったお休みは、

もともと数カ月ごとにやってくる流れ、リズムでもありますね。

 

普段の長期休みとは、勝手が違うところもあるけれども、

夏休み程度のお休み、と思えば、

各家庭、その家それぞれのリズム、うちのやり方、というものがきっとあるはず。

 

また普段、仕事が忙しく、

子どもや家庭へと、

なかなか気持ちが向けられない、

集中できずにいる、というのなら、

 

この機会を、

普段のそうした思いを叶える時間にする、という、

その在り方へ。

 

なぜ働くか、といえば、

家庭や子どもの幸せのために、という方も、

たくさんいらっしゃるでしょう。

 

家庭という場が、

一番、心休まる場で、

 

家族みなそれぞれが、

一番、自分らしくいられる場で、

 

そうした場所で、

今月はしっかりと心身ともにリラックスして。

 

感染を広げないための休校措置ということですから、

家の中で、感染対策をしながら、

食事、睡眠、できることを、一つ一つですね。

 

またお子さんがいる家庭にスポットが当たることもありますが、

そもそもの「働き方」ということに対して、

新たな価値観や新たな方法、

次のステージに向かっての準備、支度が今回の中にも含まれています。

 

家庭や仕事の中で、ストップがかかること、小休止すること、

そのような時間を過ごす中で、自分らしい生き方とはどういう姿か、スタイルか、そ

うしたメッセージが、この出来事の中から感じられる人もいるでしょう。

 

 

**********************

 

 

デマが流れ、

トイレットペーパーの買い占め等が、

一部の地域であるようです。

 

マスクの原料とトイレットペーパーの原料は違うので、

大丈夫ですよ、と関係者が発信をしても、

 

実際に、買い物に出かけて、

空っぽの棚を見れば、

「ない」という現実を強く感じると思います。

 

誰かが両手にいっぱいの

トイレットペーパーやティッシュを抱えていると、

 

その姿をみて、

自分も買っておかなくては、

備えておかなくては、という

焦りや不安が生まれることがありますよね。

 

「2」の時代は、

調和、バランス、女性性の時代である、ということを、

何度もお伝えしていますが、

 

こうした場面からでも、

「2」の時代の生き方を確認する、

見つめ直すタイミング、きっかけになるのではと思います。

 

運気の流れを知り、

その流れに乗って生きる、というのは、

 

実際の思いや行動が、

どうであるか、に繋がっていきます。

 

買い占める、ではなく、

分かち合う、という方向へ。

 

本当に必要な人、

困っている人へ、まず届けるという視点で。

 

恐れや不安が増すときには、

冷静になって、

落ち着いて、

「2」の時代のエネルギー、調和、バランス、女性性、統合…

そこにあるメッセージを感じていきましょう。

 

 

**********************

 

 

この1~2週間の対応がどうなるのか、

見通しが難しいところもあると思いますが、

 

数秘術の流れを見通せば、

来月は「8」の月となり、

一つの結果、成果が必ず現れてくるでしょう。

 

その結果、成果がどのようなものになるか、

それは今月「7」の準備次第、にもなります。

 

まずは自分の居場所を、

自分らしい姿で整えていきましょう。

 

落ち着いて、やれること一つずつ。

 

何よりもあなたの「home」を

大切にしていきましょう。

 

home」と聞いて、

思い浮かぶものはどのようなものでしょうか。

 

自分が自分らしくいられる場所。

その場所を大切に整える。

 

自分の周りがどのような状況、環境であっても、

自分らしい姿で、

安心して、心穏やかになれる場所を、

 

今月はあらためて大切に、

丁寧に整えることも流れのひとつです。

 

 

**********************

 

 

「4」の年は、

本当に大切なものは何か?

軸や土台になっているものは何か?と、

突き付けられることがあります。

 

9年前の「4」の年は、

2011年、震災の年でした。

 

あの時も、あの出来事を通して、自分にとって何が大切なことであるか、

見つめ直した方もたくさんいらっしゃったことでしょう。

 

その中で家族に対しての思いを、

あらためて感じた人も多くいたと思います。

 

自分の大元、根っこ、基本、土台。

それは何でしょうか。

 

自分が自分らしくいられる場所。

自分らしくいられる人、関係性。

 

「7」という月だからこそ、

自分の内側、内面も、

しっかりと向き合い整えていくことですね。

 

 

先月もメルマガで何度かお伝えしましたが、

今日もレイキの五戒をあらためて記しますね。

 

今日だけは、

怒るな、

心配すな、

感謝して、

業に励め、

人に親切に。

 

 

今月もみなさまにとって、

心穏やかに、笑顔あふれるひと月となりますように(*^-^*)

 

 

手相数秘術えりんの 毎日をちょっぴりハッピーにするコツ

毎日をちょっぴりハッピーに過ごすコツを月曜日から金曜日まで 毎朝8時、お届けします。

コラムやブログよりもさらに深く、さまざまな気づきが得られるとご好評いただいております。

ご登録時に、自分をもっと好きになる手相編、数秘術編、無料PDFをプレゼント。